上海蟹!!

指の傷も疼いて病院に行きながらも上海蟹を食べるイベントには、何があっても這ってでも行きます…(*ノノ)
毎年何度か頂いていますが、ここのカニだけは全部スタッフの方が身を取ってくださり甲羅の中にみっちりぎっちり入っています^^
たまには楽に食べたいよね!上海蟹…(笑)
って、事で10月の20何日だったかな?まだまだ雄よりも雌の方が美味しい時期に頂いた上海蟹の宴です♪
c0108123_23321389.jpg
【蟹黄黒雷丸】  蟹肉と卵入り  肉団子の一品
c0108123_23323531.jpg
【阻澄湖醉蟹】  酔っぱらいの上海蟹でまず一杯
毎年楽しみな、Wakiyaの酔っぱらい蟹♪ 酔っぱらい蟹ほどシェフの作り方でどんな風にも変わってしまうので、食べ比べると実に面白いです。
脇屋さんの作るよっぱらい蟹は、濃厚でもう舌にねっとぉ~りまとわりつき口中がノックアウトされてしまいます(*´д`)
c0108123_2333196.jpg
【百合菊花燉】  百合根と菊花  極上澄ましスープ
百合根と言えば、毎年年末になるとおがくず?の入った木箱の中にいっぱーぃ入っている百合根を下ごしらえするのが私の役目でしたw
百合根を見ると母を思い出すんですよねぇ…。
神戸に居た頃は、百合根もそんなに高級じゃなく普通に使っていた食材のはずなのに、この頃東京で見かけるとめっちゃ高くてビックリ…
今回は、菊の花2種類の中に2年ものの百合根が入っていました。
いや~これがめっちゃ大きい!!こんなの初めて見たよ!ってくらいの大きさでした。
百合根は、1年経つと植え替えられまた1年を過ごすそうです。
それだけ、土の栄養分を吸うんでしょうねぇ…濃厚な味わいでした。
c0108123_23332431.jpg
【清蒸大閘蟹】  上海蟹の姿蒸し♂♀  どちらがお好きですか?
この会があった頃は、上にも書きましたが、まだ雄の本当の味わいが出ていない頃です。
でも、蟹身をほぐさないで食べる楽チンさ。そして、今年初の上海蟹♪
雄雌両方味あわせて頂きました(^人^)
c0108123_23334528.jpg
【宮廷毛筆菜】  宮廷料理の一品 
これは、本当に素晴らしかった、昔からある技法でもちろんこのお料理の為?にちゃんと筆の柄だけ売ってるらしいです。
そして、脇屋さんが作ったのは、一人に1個ずつの白菜!それも、芯の方の柔らかい物だけを使い
ソースには、北あかりと人参そして椎茸。それなのに、不思議な事に蟹の濃厚な味わいが!!
マジックでした~。ただただ、皆さんのお席からもため息が聞こえ…Wakiyaマジックです(笑)
c0108123_2334148.jpg
【香辣坦々麺】  ピリッと辛い特製坦々麺
くぅ~!!ってくらい辛いらしぃですが…皆さんは。
何時ものごとく、辛いもの好きな私には丁度いいくらいの味わい^^
とっても温かくて、蟹で少し冷えた身体を芯から温めてくれていました。
c0108123_23343478.jpg
デザートも盛りだくさんでした。
基本盛り合わせ大好きです(笑)大好物のプリンもあって、幸せでした(*´д`)
皆さんのお皿には、栗のアイスでしたが、私はアレルギーで食べられなかったので、ジャスミンティーのアイス♪
これも美味しかったです^^

11月に入って雄の蟹が美味しくなってから他の会にもお邪魔しましたが、10月の澳門の胃袋放浪記を書いてからupします。

[PR]
by Anelalana | 2007-11-14 23:35 | イベント


<< ザ・ドーナッツホリック! 鳥鶏トリ!! >>